2015年03月18日

発見。1年万年前のアレ!!

夕焼けに浮かぶ富士山@一色海岸
日の沈む場所が変わってきています。

2015-03-17 18.15.49.jpg

次男のお竹さんが参加している海辺のスポーツ教室で、コーチからワクワクのプレゼントがありました。

なんと、1万年前の貝の化石!


赤丸印のところに、巻き貝の化石。
今のと少し姿が違うそうです。
進化したんですねえ、きっと。

2015-03-17 18.29.38.jpg

裏返えしにしてみると、そこにも貝の化石。
矢印部分の白くて長細いの。

2015-03-17 18.29.52.jpg


この石、コンクリートのように見えますね。
コンクリート似の地層があるんですって。

1万年前というと、最後の氷河期が終わった頃らしいです。
ついでに、1万2千年前というと、ナイアガラの滝の形成が始まったり、北極星がこと座だったり、アメリカ大陸に人類が移動したとされる頃。
ウィキペディア参照 

浪漫ですなあ!

一色海岸にはもっと古い化石が落ちていることもあるそうです。
探していみるとおもしろいかも。

葉山っ子にはこれから潮だまりで生き物探しのシーズン。
ついでに化石探をするのも盛り上がりそうですよ!
関東近郊の方、どうぞ親子で葉山へ遊びに来てくださいね。

→→→ 葉山の木の家 設計施工 エコロジーライフ花のHPはこちら





posted by 葉山の家 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球といきもの

2014年04月15日

貨物船衝突事故と重油流出のこと

3月18日に東京湾への入り口となる浦賀水道で貨物船衝突事故がありました。

亡くなったり、行方不明になったりした船員さんがいること、貨物船から400トンの重油が流出し、千葉、神奈川沿岸の漁に影響が出ていることはみなさんご存知ですね。事故が起きてしまうと、多くのことが非常に残念な結果になります。

事故が起きてからしばらくして、葉山の海岸にも重油の塊が漂着しました。
今日はそのレポートをお届けします。

※※ところで重油って何?※※

商業用船舶の燃料になる重油(C重油)は原油精製で出た残りカスのようなものです。
原油からはLPガス、ガソリン、ナフサ、灯油、ジェット燃料、軽油などが抽出され、残ったものが重油とアスファルトになるんだそうですよ!

重油は粘度により、A、B、C、と分けられます。
粘度が高いC重油を船の燃料にしますが、そのままでは常温で固まってしまうため、不純物を取り除く工程を経てから燃料にするようです。

日本船主協会のHPを参考にさせていただきました。
http://www.jsanet.or.jp/qanda/text/q2_14.html

※※※※※※※※※※※※※※


さて、事故の起きた浦賀水道と私が暮らす葉山は三浦半島を挟んで反対側あたりです。

2014-04-15 09.25.49.jpg


漂着し始めたころは、磯に重油がべっとりでした。

10155558_10203476596105157_704475869_n.jpg


しかし、海の水が見るからに真っ黒とか、油まみれということはありませんでした。
写真のように岩場に重油が付着したり、漂着物や海藻に絡まった重油の塊が悪天候で打ち上がったりという感じです。

2014-04-14 19.50.16.jpg 2014-04-14 19.49.20.jpg


見るからに重油だと分かる場合は触ったり踏んだりしないように注意することができます。
しかし、砂浜に打ち上がった重油塊に砂がかぶってしまうと全く分かりません。

で、知らずに踏むとえらいことになります(私のランニング靴の裏)。

10154918_10203491198470207_640854922_n.jpg


重油がアスファルトみたいにガチガチに固まってしまい、こそげ落としても無駄でした。
しかし、この時はまだ気温が低くて寒い頃でした。
暖かくなってきた頃、この重油が溶け出しで柔らかくなっていることを発見。
諦めずに除去してみました。

まず、剥がれた重油が地面に流れてしまわないように古タオルを敷きました。
その上に靴を置き、竹串で靴底の重油塊を大まかに取り除きました。
それから、熱湯を靴裏にかけ、さらに重油を柔らかくし、古歯ブラシでゴシゴシ擦りました。

とりあえず走れるまでには回復!
10177281_10203533296922642_5348464392862646334_n.jpg


こんな風に手間はかかるのですが、少しの重油なら自力で除去できます。
諦めて靴を処分しなくてよかった〜
というのも、重油除去活動で教わったことがヒントになったからです。

葉山では事故後、何度か重油除去活動が行われています。
私は4月6日の活動に数時間参加。
その時、活躍したのはグループリーダーによるお手製の竹ヘラ!
竹なので丈夫だし、微妙な切り出し角度がなんとも良い塩梅でした。

重油の塊(左写真)を竹ヘラでガリガリやって落としました。
場合によってはその後ウエスで拭き取りました。

気温が高くなると重油は溶けて柔らかくなることも、この時に教わりました。

2014-04-14 19.52.50.jpg 2014-04-14 19.53.12.jpg


そして、竹ヘラに付着した重油は紙コップへ。
2014-04-14 19.52.30.jpg


なお、重油除去する際は素手ではなく、ビニールやゴム手袋をします。
それから、重油除去によるゴミは自治体の管轄ではありませんので、普通ごみに出せません。事故の場合は保険会社が動き出してから処分方法が決まるようなので、関係団体の指示を待つことになります。

こんなことを知っておく必要がないようにしたいものですが!

現在、一色・大浜・長者ヶ崎海岸ではほとんど重油の塊は見られなくなりました(人が歩いて渡れない岩場はまだ残っているようです)。漂着してすぐに地元をはじめ遠くからのボランティアの方々が重油除去活動を開始してくださったおかげで、今では心配なく浜を歩けます。

尚、この重油流出により、今年のひじき漁は中止になりました。
とても美味しいのに残念。
(ワカメは1月2月に収穫したものが出回りますから、食べても大丈夫!)

以上、葉山の重油漂着レポートです。
早く事故が解決し、海が元通りになりますように!

2014-04-14 15.23.15.jpg 2014-04-14 15.23.35.jpg


posted by 葉山の家 at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球といきもの

2013年10月15日

台風26号に備える(建具の目張り)

大雨に続き、風が強くなってまりました。
みなさま、無事に帰宅できましたでしょうか。

先ほど我が家のダンナが帰宅、「最終の備え」を完了させました。
それは玄関建具を目張りすることです。

2013-10-15 19.52.07.jpg


木製の手作り建具は風合いがあり、素敵です。
そして建具には上下に数ミリ、隙間ができます。
この隙間は日ごろ、自然に家の中の空気を循環させてくれます。
日本家屋のよいところですね。

が、台風のように風速20m/秒以上の風と雨を真正面から受ける場合、少々工夫が必要です。

特に下の隙間からは玄関が1/3濡れてしまうほど雨が吹き込みます。
そして上下の隙間から風が吹き込むと、リビング入口の建具隙間をすり抜け、リビングのカーテンがバサバサ風にあおられるほどです。当然建具がガタガタものすごい音をたてますし、その振動が家に響きます。
「台風こわいよ感」が倍増しちゃいます(笑)


2013-10-15 19.53.43.jpg


目張りの方法として、当初は単純に養生テープで隙間を塞いでいました。
しかし、これは大失敗。
テープの粘着が建具表面まで剥してしまい、美しいヒノキの柾目がケバケバ!
これには悲鳴を上げました(笑)
(後日、saka棟梁がカンナをかけてきれいにしてくれましたが・・しかも炎天下で・・もうしません、ごめんなさい)

で、何か良い方法はないかと考えた末に採用したのは・・・
ダンボールを突っ込む!!

じゃじゃん♪

2013-10-15 19.51.23.jpg


はい。
ダンボールを建具幅に切りまして(足りない場合は継ぎ足しで大丈夫)、縁をガムテなどで防水処理して突っ込むだけです。

2013-10-15 19.49.31.jpg 2013-10-15 19.50.56.jpg


実際、ダンボールの厚みほど隙間があいているわけではありません。
突っ込む方を潰して、無理やりねじ込むような感じです。
今までのところ、雨の吹き込みはこれで確実に防ぐことができています。

2013-10-15 19.50.34.jpg 2013-10-15 19.50.08.jpg


隙間風もほぼ防げます。
しかし、やっぱりほんのちょっと吹き込んでしまい、リビングの建具がガタガタ煩いのです。
なので、同じようにリビング建具にもダンボールを突っ込みます。
するとピタっと静かになります。

2013-10-15 19.41.23.jpg 2013-10-15 19.53.03.jpg


現在は北側から雨と風が吹き付けており、玄関側とは真逆です。
しかし、台風が最接近する明朝はやはり海側からの西風になるようで、玄関は風と雨に直撃されることになるようです。10年に一度の強い台風とのこと、なんとか役に立ってくれるといいです。

以上、kayo式目張りのご紹介でした。

これから明日の午前中まで、関東は暴風雨です。
どうか無事に台風が過ぎ去ってくれますように。
みなさまもどうぞお気を付け下さいね。



今年の冬の暖房は是非ペレットストーブを!! kayoの家設計施工/ペレットストーブ販売・設置工事 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/



posted by 葉山の家 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球といきもの

2013年03月08日

ほ〜ほけきょ♪

ここ数日、暖かい日が続いていますね!
あちらこちらでお花が満開です。

FB_IMG_13625399770741141.jpg


葉山の山々は少し白っぽくなってきました。
つぼみが膨らんだり、花が咲いたりしているのですね。
この一年の山の色の移り変わりは実に楽しいものでした。

FB_IMG_13625412044854821.jpg


そして、ほ〜ほけきょ♪ と鶯のさえずりが聞こえ始めました!
静かな谷に声が響きます。

これからの季節はいろいろな鳥の声が響き渡ります。
我が家では冬が終わると音楽のプレイヤーの出番は終了。
窓を開けて天然のBGMを楽しむ季節だから。

これからの季節は海も山もたっぷり楽しめる葉山です。
どうぞ、歩きに来てくださいね。


葉山kayoの家 設計施工/ペレットストーブ販売・設置工事 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/





posted by 葉山の家 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球といきもの

2013年01月17日

大寒の候・・

今朝、葉山はかなり冷え込んだようです。
0度くらいだったのでしょうか。
起床時の室内気温は珍しく12度くらいまで下がっていて、「今朝は冷えるねえ」とみんなしてストーブの周りに集まっての朝ごはんでした。

一年で一番寒いとされる大寒の頃ですものねえ。

それでも少しずつ季節は流れ、月曜大雪の一昨日、山では梅のつぼみを発見。
ちびちびと春の訪れが感じられるのはうれしいものです。

2013-01-12 14.30.24.jpg


昨年仕込んだ味噌を開封。
いい香りと質感なのに、なぜか少々しょっぱい(笑)
今年ももうすぐ味噌仕込みの時期ですので、今度は味噌屋さんレシピで仕込んでみます。

2013-01-13 10.07.54.jpg


春よ来い♪


葉山kayoの家 設計施工/ペレットストーブ販売・設置工事 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/




posted by 葉山の家 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球といきもの

2012年11月18日

波打ち際が冬。

昨日はエコ花の木彫り教室で浅草までお出かけしました!
久しぶりのエコ花と藤原さんトークをたっぷり楽しんじゃいました。
かわいいサイズの皿を彫りました。
来年夏の漆教室で漆塗ってみますよ。
before&afterのレポートまでこっそり隠しておきま〜す。

2012年木彫り教室の様子はこちら 
http://ecohana.sblo.jp/article/60135840.html


2012年 漆教室の様子はこちら   
http://ecohana.sblo.jp/archives/20120619-1.html


木漆工芸作家 藤原啓祐さん作品
http://www.ecohana.com/catalog/kitchen.htm#hujiwara


※浅草エコロジーライフ花にて毎年藤原さんによる漆教室と木彫り教室が開催されています。
来年の教室予定は春ごろ発表です。


今朝目を覚ますと全身筋肉痛。
11時間寝倒しました。
木彫り初心者、変なところに力が入りすぎです。
目覚めから疲労感マックスでぐったりおかん。

夕方前に一色海岸へ行きました。
昨日の強風大雨で波はかなり荒れていました。
でもきれい。
なんだか波打ち際に冬を感じました。

2012-11-18 17.38.13.jpg

2012-11-18 15.35.16.jpg

2012-11-18 15.16.06.jpg

2012-11-18 17.49.44.jpg

2012-11-18 15.31.27.jpg

2012-11-18 15.29.14.jpg



凝り固まった頭痛がす〜っと抜けて波に消されました。
さあ明日から月曜日、はりきっていきましょう♪





葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/


posted by 葉山の家 at 18:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球といきもの

2012年10月11日

秋が来ました

9月おしまいの台風後、みるみる秋めいてきました。
ギラギラと照りつけていたお日様なんて昔話みたいです。
お日様の通り道がかわり、家の中に差し込む光の時間と場所がすっかり変わりました。

お天気の良い朝は南側の吹き抜けの窓から柔らかいお日様が入ってきます。
今時期ちょうどお竹さんが幼稚園に行くころ。
サンキャッチャーから飛び出す小さい虹が壁に広がり、子供たちは「虹色の時間」と呼んでいます。

2012-10-08 09.27.37.jpg


海と山からの湿気いっぱいだった葉山も少し爽やかになってきましたよ。
途端にぴっちりしまっていた床板たちが動き始めました。
乾燥してちょろ〜と隙間ができてくるのです。
これが来ると、「ああ、季節が変わるのね」というサイン。

2012-10-11 12.55.11.jpg


天の動きに合わせて、地のものも変わります。
人間もしかり。

ちょうど台風が来た夜、久々お竹さんが「かゆい」と言い出しました。
ずいぶん軽くなったアトピーですが、大きな低気圧が来たり、季節が変わると体の中から「ついていけないよ!」とお知らせが来ます。そういう時はちょっとスローな心構えでよくお竹さんを観察をします。
結局一週間ほどポワポワとした体調で過ごし、今週月曜日にどかーん!と蕁麻疹が出て、ようやく秋バージョンの体に入れ替わり。

そんなこんなで昨日は6日ぶりの幼稚園。
帰ってきておやつを食べていたら眠ってしまいました。
おつかれさま。

3476_4695984687182_93598972_n.jpg


季節の変わり目は何かと体調を崩すことがありますので、みなさまもどうぞご自愛を。

2012-10-10 18.37.16.jpg





葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/









posted by 葉山の家 at 13:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球といきもの

2012年06月20日

台風四号の塩害

おはようございます。
嵐過ぎ去りました。
みなさま、ご無事でしたでしょうか。

2012-06-20 09.04.19.jpg


夜11時ごろから風向きが突然かわり、南西から猛烈な突風が吹きはじめました。
南西、というのは我が家でいうところの海側かつ家の正面です。ちょうど家の前が少し抜けているのもあって、海から丘を上がってきた風が全力で家の正面に当たります。なんかこう、家の壁が風を受け止めている衝撃といったら・・とにかく、すごかった。家、揺れてました。

夜が明けまして。
なんせ窓が塩でべっちょべちょ。
写真で窓が白っぽく曇っているのは塩です。

2012-06-20 07.16.33.jpg


海側の窓はシャッターを閉めていましたので、シャッターとサッシ枠がべっちょり。
窓拭き、ってもんでは済まないので、ホースでシャッター、サッシ、窓、水まきです。雨どいもべちょべちょ。ウッドロングエコを塗装した杉の外壁はサラサラしてます・・早々にしみこんじゃったのかしら?

そして、恐るべし塩害。
一晩にして植物が塩でやられて、葉っぱが溶けたり、変色してしまいました。

こちらは赤しそ(でした)。
変色して葉の外側が緑色になってます。葉の中心はまだ赤色が残ってます。赤しそだったなんて、うそみたい。

2012-06-20 07.45.28.jpg


レモンバームは真っ黒になって枯れています。
昨日までは普通の緑のレモンバームだったんですけどね。

2012-06-20 07.46.02.jpg


ゴーヤ、ひょうたん、朝顔は葉っぱが溶けて真っ黒。全滅です。
これでは夏の間緑のカーテンは期待できませんねえ。また台風が来たら同じことになりますものね。それから、かぼちゃ、レタスは溶け、タイムは枯れ気味。クローバーは灰色になりました。

2012-06-20 07.46.42.jpg


ひまわりは風に倒れたのもあるけれど、葉っぱがやっぱり塩で黒くなりました。

2012-06-20 07.16.33.jpg


幼稚園の畑で子供たちが育てていた野菜も塩でやられてしまったようです。
だって、あの雑草のセイタカアワダチソウだって一晩で塩で枯れちゃうだもん、ほらね。

2012-06-20 08.51.11.jpg


風と塩の威力に驚愕した朝でした。
葉山の庭造り、作戦変更でございます。


葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/










タグ:台風 塩害 葉山
posted by 葉山の家 at 09:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 地球といきもの

2012年06月19日

台風の支度

近づいております台風4号。
どうやら今夜荒れそうな予報です。

どうしたって海っぺりなので、風がきつくなります。
東京都内より倍ほど風速予測が出ている葉山。
春先の爆弾低気圧の時にもやっぱり倍ほど風がきつかったようで、近辺いろいろなものが吹っ飛びました。今回はずっときつい暴風を受けることになりそうな我が家、葉山の家。

がんばれー!


2012-06-19 11.06.09.jpg



昨日から備えを始めています。
庭の備え。
ヒマワリが心配で、支柱をつけておきました。
先日夜中にきつい風が吹き(ときどき夜中に大風が吹きます)、根本から倒れてしまったので、ほったらかしにしておくと倒壊確実。ちょっとでも耐えられるといいんだけどなあ。そしてグリーンカーテンも心配・・後で網をもうちょいしっかり固定しておきたいと思います。

家の備え。
家玄関木建具、隙間風と雨の侵入をふせぐために目張りをする予定ですが・・前回爆弾低気圧の時に目張りに使った養生テープの粘着力がすごくて、剥がした時に玄関扉の表面がべりべりむけてしまってショックだったので、張り方をちょいと工夫しないといけませんな。
台風の時の隙間風は思わぬことを引き起こしますので、きっちりガードしておきます。
台風の通り道、三重の海っぺり育ちとしては、見落としてはいけないところです。
海側から吹き付ける強烈な風はシャッターでガードしておけば安心です、音はものすごいですけど。
ベランダの洗濯物干しもこれから片づけないとね。

みなさんもどうぞ、ご帰宅はお早めに。


葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/
posted by 葉山の家 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球といきもの

2012年06月13日

気をつけましょう(葉山生き物編)

学校から戻るとランドセルを放り投げて出ていった長男。
と思ったら、戻ってきて・・

 長男「ねえ、何か袋ちょうだい」

 私「虫か何か見つけたの?」

 長男「うん、蛇。小さくてかわいい!」

 私「袋に入れちゃだめ」

 長男「じゃあ、かごに入れる!」

 私「カゴに入れても飼えないよ!」

 長男「じゃあ、かごに入れてから逃がす」

 私「かごに入れちゃだめ!」

 長男「なんだよーどっちにしろNOじゃん!」

 走り去る長男に叫ぶ私「触るんじゃないよ、何の蛇かわかんないんだから!」

その後どうしたのかは知りたくもありません・・

好奇心旺盛なのは良いことですが、何か分からないものに無暗に触ってはいけません。
これ、鉄則。
エコ花の林間学校ではいつも森の中でポレさんが「知らない植物には触ってはいけないよ」と教えてくれます。うっかり漆だった!なんてこともありますから。

生き物大好きな長男で色々たくさん知ってはいるものの、蛇はまだまだ未知の世界です。
「毒ないヤツだから平気だよ」と言っていたくせに、何の蛇か知っているのか聞いてみると「知らない」なんていってるんだから!マムシもあおだいしょうも分かってないはずです。そんなの東京にいた時に遭遇してませんからね。長男はトカゲが大好きなので、たぶん同じノリだったんだと思われます。最近、近所のあちこちで蛇の目撃情報がある葉山です。こないだ子安ツアーでも、長〜いのに遭遇しましたしねえ。

気をつけましょう!

さて、葉山に来てから磯遊びにハマっている我が家の子供たちですが、同じく潮だまりにもいろんな「気をつけましょう」がいます。

4月初旬、うっかりギンポと間違って捕まえてしまったゴンズイ。
後日、長男が図鑑を見て「あれ、毒あったんだ!」と発見しました。
ゴンズイはニョロっとしていて二本の横じまがあり、口元にナマズっぽいヒゲがあります。ゴンズイの子供はボール状に群れるのが特徴らしく、まさに岩の影にバスケットボール3個分並べたくらいの大きさでダマになっていました・・
群れているのがおもしろくて、網ですくうとごっそり20匹くらい捕れます。それをケースに入れた時の写真もあるのですが、ちょっとグロテスクだったのでやめておきます・・

それから、ひょうもんだこ。
真だことは明らかに違うそうで、これも長男が図鑑を見ていて教えてくれました。
海洋塾の方のお話だと、青い斑点があって、興奮するととてもコバルト色になるそうで絶対に触ってはいけないと教えてくれました(かなり危険な毒だそうです)。
聞くからに危険な感じですねえ。

河口付近にはクサフグがうじゃうじゃいますし、岩場にはオニカサゴもいるようでして。
こないだはアカエイがひっくり返って浜に打ち上がっていて、「エイはここに(しっぽの根本あたり)に鋭い針があって、これが刺さると血がなかなか止まらないんですよ」とこちらも海洋塾の方が教えてくれました。

まずはよく観察をして、分からないものは触らない。
よく磯遊びをしている時は、捕まえたものに喜んでわあわあ騒いでいると、地元のおじさんが見にきてくれていろいろなことを教えてくれます。よく分かった人に教わるのは大事なことですね。

気をつけましょう、を心に留めて自然を楽しみたいものです。



葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/
posted by 葉山の家 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球といきもの