2014年03月14日

新築で失敗や後悔をしないために(その1)

あなたがもし、将来家を新築したいとお考えなら、今ノートを1冊用意してください。
メモ帳は駄目。
できるだけ大きいものがいいですね。
たくさん書き込めますから。

大半の人には家作りなんて一生に何度もあることではないし、大金をつぎ込むわけですから、失敗や後悔は少ない方がいいに決まっています。そのためにはあなたが家に求めるものや、今後の暮らしぶりを明確にしておくことが重要です。

そこでノートが登場します。
暮らしと家について思いついたことを書き留めておくのです。
HPや雑誌の写真などを常日頃から見て、ピンと来たものは印刷や切り抜きをして、ノートに貼っておくのもいいですね。

誰かに見せるものではありませんので、きれいにまとめる必要などありません。
とにかく頭に浮かんでくることを文字や図で形に残しておきましょう。

すると、あなたの頭の中で家づくりに対する考えが自然にまとまってきます。
いつか「その時」が来た時、家づくりは円滑に進むこと間違いありません。

なぜ、そんな話をするのかというと、実は驚きの発見があったからです。
葉山に無事木の家が建ち、引っ越し荷物を片づけている時、1冊のノートが出てきました。それは何と17年も前に私が書いたもので、「家を作るなら、こんな風にしたい」という野望と妄想(笑)でいっぱいのノートです。この時の私は社会人になったばかりで、今の家族の存在はまったくない頃です。

1997年5月25日、と書いてある・・・↓

2014-03-14 10.51.14.jpg 2014-03-14 18.51.02.jpg


驚いたのはその中身。
イメージ写真が今の家の造りにそっくりなのです。
素材なんかは違っていますけど。
そして、イメージ写真だけじゃなく、「家はこうあるべきだ」みたいなウンチクから、収納スペースの作り方、窓の設置位置まで書いてあり、それがまた今の家とそっくり(笑)

↓こういう開放感とか

2014-03-14 10.53.15.jpg 2012-07-252011.43.01.jpg


↓キッチンの棚使いとか

2014-03-14 10.51.40.jpg 2014-03-14 10.53.42.jpg


↓やたらと海のイメージの切り抜きが多い

2014-03-14 10.52.55.jpg 2014-03-14 10.54.06.jpg


↓そっくり(笑)

2014-03-14 19.16.23.jpg 2014-03-14 19.15.03.jpg


そんなものを書いていたことは、もちろん忘れていましたし、
そんなノートを残してあったことも忘れていました。
けれど、心の奥底に刻み込まれていたようですね。

つまり、
強くイメージしていると、本当に形になるってことです。
ぜひ、お試しください(笑)


Kayoの家設計施工 エコロジーライフ花







posted by 葉山の家 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり

2013年02月14日

無垢材の経年変化

無垢材シリーズ第三弾、本日は経年変化について。
ちょうど竣工してから一年、さてどのくらい変わったか見てましょうか。

屋外の変化をご紹介です。
屋外は雨、風、紫外線、いろいろな影響を受けますので、変化が激しいです。
地域によっては雪の影響もあるのでしょうし、葉山の場合は潮風でしょうか。



◆ ひのき 無塗装のベランダ ◆



左は竣工前、右は現在2月の様子です。
床部分はグレーに変化していますね。
一方手すり部分は少しまだ元のひのき色です。

雨、日光その他の影響で部位により変化の仕方が違います。
同じように変化していくわけではありません。

2011-12-172013-thumbnail2.30.39.jpg 2013-02-08 15.21.13.jpg



ベランダの柱もグレーに変化してきましたね。
いい感じ。

左側は去年の三月、右側は2月現在。

2012-03-13 10.02.26.jpg 2013-02-14 10.11.43.jpg 


もうちょっとズームしてみましょう。
味が出てきましたね〜

2012-02-14 14.33.00.jpg 2013-02-14 11.36.34.jpg




◆お勝手口のステップ ひのき無塗装◆



こちらもベランダと同じ材で作りました。

まさにsaka大工が作ってくれている最中、竣工前の様子。
懐かしい〜
真っ白なぴかっと輝きのあるひのきです。

2011-12-17 14.40.59.jpg 2011-12-17 15.08.06.jpg


2月現在


2013-02-14 09.53.07.jpg




◆玄関軒 ひのき・杉 無塗装◆



数回の台風、日常的に吹く潮風を含んだ突風、吹き上がる雨などで刻々と変化してきていますね。


                   左:竣工後半年の去年7月              右:2月現在

;.jpg 2013-02-14 09.53.37.jpg



いかがでしたでしょうか。
一年でずいぶん変化するものでしょ?

もし木の家を、とお考えでしたら、こういう変化をぜひお楽しみくださいね。

早くお寺みたいに貫録が出てこないかしら、と思うのですが、こればっかりは最初から手に入るものではないですね。
年の功、とでもいうのでしょうか。
これからが楽しみだなあ。

そして美しさ。
年相応の美しさってありますね。
作ったばかりのきれいな美しさ、年の刻まれた美しさ。
歴史あるお寺を「汚いな」とは思いませんものね。
人間みたい!

無垢材ツアーにお付き合いをありがとうございました〜


葉山kayoの家 設計施工/ペレットストーブ販売・設置工事 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/


posted by 葉山の家 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり

2013年02月08日

無垢材の動きと変形

無垢材ツアー第二弾です。

第一弾ではいろいろな樹種の表情をご覧いただきました。
自然の表情というのは美しいものです。

無垢材はその美しさ、存在感が素晴らしいですし、何より湿調性があり「呼吸している」と聞くと、心身にもよさそうな雰囲気が漂ってますね〜

無垢材の見た目だけしか知らないと、実は少々びっくりすることも起こります。
木は「呼吸している」のですから、動くのです。


例えば床材の場合。
下記の写真は玄関のツガです。

                左 : 2月現在                 右: 4月下旬ごろ

2013-02-08 12.03.08.jpg 2012-04-252011-thumbnail2.27.51.jpg



左側の写真は明らかに隙間がありますね。
一年でとても乾燥している時期ですので、木が乾燥して縮んでいるのです。
隙間の一番広いところで5ミリくらい開いています。

ところが初夏に近づき湿度が上がってきますと、右側のように隙間が狭まっていますね。
そして真夏になると、どんどん湿気を吸ってピッタリと隙間はなくなるのですよ。

人間のお肌を考えてみると納得。


こちらはリビング床の唐松。

隙間ちゃん。
2013-02-08 12.15.26.jpg


唐松は性質上、非常によく動く材です。
おまけに乾燥しているこの時期、ここぞとばかりに暴れています。

隙間ができるだけじゃなくて、盛り上がったりしてますね。
元気なことでございます(笑)

2013-02-08 12.15.00.jpg


このポッコリちゃんも実は夏になると何事もなかったかのように、大人しくまっすぐに戻るのです。
ホントよ〜

それから、割れたりします。

2013-02-08 12.07.30.jpg


冬の木の家はピシピシと大きな音をたてます。
木が割れている音ですね。
写真を見てもらうとわかりますが、繊維方向に割れが入っています。
繊維を切断するように折れているわけではないのが分かっていただけると思います。
つまり、構造材がボキっと折れているわけでないので、何ら不都合はないのです。

木は大地に根差しているときに根っこから水分を吸い、導管を通り木の隅々まで届けているわけです。
なかなか見る機会がないので想像しづらいと思いますが、伐採したばかりの木って、水分を吸ってザブザブに濡れているんですよ。

そんな状態のものはそのまま建築現場で使うことはありません。
エコ花の木材ですと水分含有率が20%くらいまで乾燥させたものを使います。
このくらいですと、木の呼吸の良さを残したまま、大工さんが仕事できる材料となってくれます。
しかし、建築後は湿度の影響を受けることになり、乾燥時には縮むのです。


2012-10-24 11.11.47.jpg


そして、木はまっすぐ立っているものもあれば、ねじれながら育っているものもあり、いろいろな癖を持っています。
建築用材としてまっすぐに成形されていても、もともとの癖に戻ろうとする力が働きます。
だから反ったりねじれたりするのです。

幅が広く分厚いほど、動きは大きくなります。

これは木にしてみると、ごく自然な営みなのです。
無垢材を家に使いたいということであれば、「木は変形がつきもの」という認識でちょうどよいです。
生活上、支障をきたすことはありません。
支障をきたすようなら、調整をすればよいですね。

エコ花の大工さんとスタッフはそういうことを分かって仕事していますので、無垢材の動きに関してネガティブな感情はありません。
但し、住んでから驚くことのないよう、起こりうることはきちんと説明してくれます。
不思議に思ったことは恥ずかしがらずに聞いてみましょう。

ita.jpg buna.jpg



エコロジーライフ花HP「自然素材の家づくり17の心得」

こうした木の変形を込みにしても、いや、込みにするからこそ、無垢材を愛さずにはいられない住まい手から、以上第二弾レポートお届けしました!

次回、第三弾は無垢材の経年変化です。
お楽しみに〜




葉山kayoの家 設計施工/ペレットストーブ販売・設置工事 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/


posted by 葉山の家 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり

2013年02月06日

無垢の木のいろいろ

エコロジーライフ花の木の家に使う「木」は全部、無垢材です。
もうちょっと付け加えると「日本の」「防腐剤など薬剤処理されていない」無垢材です。

2012-04-18 11.49.10.jpg


「コテコテにこだわってるな〜」と言う人もいるでしょうし、「いたってシンプルな家づくりなのね」と感じる人もいるかもしれませんね。

そういう無垢材を分かるスタッフと使いこなせる大工さんがいるので、きちんと長持ちする家ができるのです。

木というのは種類によって使い道に向き不向きがあります。
同じ種類の木でも育った場所や環境によってクセがずいぶん違います。
そして一本の木でも使う場所と木取りによって木肌の表情も使い道も違います。


エコ花の家づくりでは、そういうことを知り尽くした大工さんが家を支える構造材をひとつずつ作っていきます。
「手刻み」と呼んでいます。
大工さんが最初から自らの手を動かして責任を持って仕事をします。
そういう家づくりが今では随分少なくなりました。

masao.jpg


だからエコ花の家は作るのにちょっと時間がかかります。
そのかわり、とても心地の良い、きちんとした家が出来上がります。
おもしろいですよ。

いろんな木を使うので、家の中の木の表情はとても多彩でユニークな家に仕上がります。
作りながら現場で大工さんのびっくり熟練技が登場したりします。
木の美しさを楽しめる家ですね。

前置きが長くなりましたが、そんな風に出来上がった我が家の無垢の木の表情を今日はご紹介したいなと思います。

◆杉◆ 節があったり、なかったり。白っぽかったり赤っぽかったり、いろいろです。

 天井
 
2013-01-28 14.22.12.jpg


 構造材

2013-01-28 14.21.31.jpg


 家具

2013-01-28 14.20.20.jpg


 建具

2012-01-07 15.40.25.jpg


◆赤松◆ 

 梁

2013-01-28 14.22.40.jpg


 階段

2013-01-28 14.20.47.jpg


◆ひのき◆ 硬くて油分の多い木です。水回りに使われることも多いですね。

 手すり

2013-01-28 14.21.51.jpg


 食器棚

2013-01-28 14.24.08.jpg


 玄関扉

2011-12-30 16.46.14.jpg


ベランダ

2011-12-172013-thumbnail2.30.39.jpg


◆唐松◆ ねじれながら育つ木。だから、よく反ったりして動き「暴れる木」と言われます。けれども風合いはなんともいえぬ優しさです。


2013-01-28 14.19.36.jpg


◆栗◆ 昔から土台によく使われています。タンニンを多く含み、虫が嫌がるからです。美しい木目です。

大黒柱

2013-01-28 14.18.25.jpg


◆けやき◆ 堅木です。経年変化で赤く美しくなります。力強い木目です。切りたては何ともいえぬ匂い(笑)

キッチンカウンター

2013-01-28 14.20.20.jpg


◆ぶな◆ 国産のものはぐっと少なくなりました。木目がとても上品です。

玄関

2013-01-28 14.23.21.jpg


◆ミズメザクラ◆ 川面のような木目です。

玄関

2013-01-28 14.23.42.jpg


◆ツガ◆ 国産のものは少なくなりました。関西では玄関といえばツガ、とか。力強い木目です。

玄関

2013-01-28 14.23.02.jpg


◆さくら◆ 経年変化で赤く深みのある色にかわっていく、上品な面持ちが特徴。

腰掛け

2013-01-28 14.24.34.jpg


◆カシ◆ 優しい色合いと特徴的な木目が楽しい木です。とても動きやすい性質。

テーブル

2013-01-28 14.19.12.jpg



大雑把な紹介でしたが・・
最後までありがとね!

次回号は無垢材の動きと変化をご紹介しましょう。


葉山kayoの家 設計施工/ペレットストーブ販売・設置工事 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/







posted by 葉山の家 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり

2012年01月12日

新年の塗装


posted by 葉山の家 at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり

2012年01月09日

年末のクリーニング

年末30日に塗装前クリーニングに葉山へ行きました。
この日は冬らしい晴天でびゅーびゅー風の吹く寒い日。
海は冴え渡り美しいのですが、ここぞとばかりにウィンドサーフィンをしている人たちがいっぱいの葉山町です。
ひょえー


2011-12-30 12.00.47.jpg


新築なのにクリーニングって?
約半年間の工事で外壁やら窓やサッシ枠、梁など少々手間のかかる場所にぎっしりとおが屑などがたまりますので掃除をします。エコ花ではプロの掃除屋さんが活躍してくださっていますが、この度おかんはクリーニングに挑戦しました。

家庭のお掃除とは違うから大変よ、と聞いていたのですが、エコ花の工場で何回か掃いても掃いても降ったり湧きでてくるオガコの掃除をしていたから、自分でなんとかなるんちゃうかーと思ってやってしまいました。

この度活躍した秘密兵器はコチラ↓


2011-12-30 14.30.47.jpg


5メーターほど伸びてヘッドを窓ワイパーやホコリ取り、クモの巣とりなど付け替えて掃除ができます。写真はロフトへのはしごに腰かけて梁を掃除しているところです。ひと払いすると、バラバラとオガコが大量に降ってきて舞います。木にオガコが乗っかっていても色が同じで気づかないのですが、払ってみると凄いです。
水中眼鏡をつけたくなるくらい、目にきますねー
高いところから下へ下へ掃除です。

サッシ枠もぎっちりオガコ!
充電式のお手軽掃除機で溝をゴーっと吸いとるも、引き違い窓のちょうど真ん中のところまでは吸いとれません。ここからは手動でいきました。

まずは胸いっぱい空気を吸い込み、そして思いっきりふーっとふきます(笑)
それでもとれないところに耳掃除の綿棒を突っ込んでごにょごにょやると、中からドバーっとオガコ。ついでに蛾が干からびたのも出てきました。窓しまってるのになんでこんな超隙間にはいるんかねえ。

水を含ませた雑巾で拭き取りも試みましたが、オガコがダマダマになって大変です。ある程度払って仕上げに拭くほうがいいですね、きっと。

そんなこんなで外と中をきれいにしました。
窓のオガコは落とせましたが、拭いたら余計に汚くなってしまい、しょげてこの日は放置!
窓問題は見学会までになんとかしまーす!

いくつか掃除し損ねた窓枠もあったけど・・住むのは自分やし、まあええかー寒いし暗いしひとりやし、年末やし、といろいろ理由をつけて帰ってきてしまいました(^-^;

という訳で、年内の仕事を終えたおかんでした。
塗装へ続く。

2011-12-30 13.38.38.jpg



葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/




posted by 葉山の家 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり

2012年01月01日

迎春☆葉山の家もうすぐ竣工

2012-01-01 13.49.00.jpg


明けましておめでとうございます。
みなさま今年もよろしくお願いいたします!

師走はバタバタとしてしまい、葉山の家作りが大詰めを迎えたのにも関わらずレポートが出来ず仕舞いでしたので、新年は元旦から張り切って行くわよ〜

これは12月半ばの様子です。
ベランダが付き、顔立ちがきりっとしました。
ヒノキです。

2011-12-17 15.13.39.jpg


そして30日、あらかた工事終了しましてクリーニングに入ってきました。
ひょーかっこいい!

2011-12-30 13.36.39.jpg


もういっちょ。
Iwaちゃんが作ってくれた障子が印象的な吹き抜けです。

2011-12-30 13.38.21.jpg

ここまで仕上がってきてようやく「もうすぐ住むのだなあ」と実感が湧いてきました。
来月14日は葉山の家完成見学会です。
みなさまお待ちしております!


2011-12-30 13.36.00.jpg


2011-12-30 16.46.14.jpg
posted by 葉山の家 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり

2011年12月05日

照明の計画(悩ましいシリーズ@)

実に悩ましいですシリーズ@、照明。

tate2011-12-05 15.44.jpg


照明は器具を選ぶのも難しいし、どこにつけるのか、いくつつけるのか大変悩ましい。
ついでに蛍光灯にするのか、電球にするのか、LEDにするのか、人感センサーにするのかなんて悩みだすと、よけいに難しい。
取付位置だって、壁にするのか天井にするのか、天井なら天井付けにするのかペンダントにするのかなどなど悩みます。消費電力はどうかしら、と考えたりもします。

ある程度出来上がってきた現場を見ながらだとイメージも湧きやすいのでしょうが、電気の配線工事が割りと時期的に早いので、位置や設置数はあんまり悩んでいる時間がありません。
大まかなプランは設計から上がってきます。それを基に練りこんでいくといいですね。家の中での行動パターンなども個人によって違いますし、電気の明るさもしかり。

私は悩んでいる時間が苦手なので室内照明は直感に従いました(直感で言い放つと後で自分が何と言ったのか忘れてしまうので、直感タイプの方はきちんと自分発言メモをとっておくことをおススメします)。
外灯に関しては、センサーやLEDに無知だったので、お昼ご飯の時間にカタログを広げてスタッフのみんなにあれこれアドバイスをもらって決めることができました。
ありがとう♪

照明器具を決定するのは配線工事の後でも大丈夫です。
だけれど、イメージを持っておくことは大事。照明器具で空間の印象ってずいぶん変わりますもんね。おまけにお値段だって色々。いろいろ研究してみましょう。
すぐに決められない場合は見積りに大まかな予算を入れて、後から予算に合わせて器具を選んでいくのがいいようです。

2011-12-05 15.47.10.jpg


灯りは明るくするだけが役割ではないですもんね。
設計にどしどし意見を上げて、照明を研究する時間を楽しんでいただきたいと思います。


葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/



posted by 葉山の家 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり

2011年11月29日

二階の工事が進んでいます♪

葉山の家では二階の工事が進んでいます。

12日の土間打ちが終わった後、階段が出来上がり、二階へ上がれるようになりました。
階段は北西にあたり、お隣もあるのですが、窓からの自然光でこんなに明るい!

2011-11-25 12.07.18-1.jpg



そして、こちらは西側の寝室ですが、見よ!このもふもふの断熱材ウールブレス!!
この羊ちゃんが我が家の熱と湿気の面倒を見てくれます。
この安心感たっぷりな羊ちゃんに思わず壁めがけてダイブしたい気分です。

2011-11-25 12.06.19-1.jpg


エコ花では断熱材はウールブレスを使用します。
断熱、調湿はもちろんですが、燃えにくい特性もあります。
接着剤不使用ですので、心配な揮発はありません。
防虫には岩塩から抽出した非塩素系のホウ酸を使用しています。
ながーく ながーく 我が家をいろんなことから守ってくれます。


こちらは寝室の入り口側です。梁がかっこいい!

2011-11-25 12.06.46-1.jpg



階段下の納戸、玄関続きです。 かくれんぼには絶好の場所かなー

2011-11-25 12.08.32-1.jpg


この写真を撮った後には、二階子供室の書棚も出来上がったとsaka棟梁が教えてくれました。
また現場に行かなくちゃ!!


葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/


posted by 葉山の家 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり

2011年11月14日

土間を作りました!

先週土曜に葉山にて構造見学会兼、土間打ちを行いました。
足場がとれてお顔お披露目です。

2011-11-12 10.56.14.jpg



2011-11-12 14.03.46.jpg


2011-11-12 10.58.41.jpg


現場前には朝早くから、ミキサー車が出動。
鳶さんと左官屋さんが土間打ちを始めてくれていました。
土間打ちシーンを見るのは初めてで、長男と一緒に興奮しながら眺めていました。

2011-11-12 10.13.26.jpg


「オレも中に入ってやってみたい」と長男。
気持ちは分かる!
たぷたぷ すべすべ なんとも面白い光景ですものね。
でも固まってないとコンクリートはアルカリが強いので手が荒れますから、おとなしく見守りましょう。

あれよあれよと土間打ちは進み、玄関ポーチまで満タン。

2011-11-12 10.49.54.jpg


あいやーーきれいだね。
手前から玄関ポーチ、玄関、一番奥は土間続きの階段下納戸です。

doma.jpg


ここでちょうどお昼♪
「腹減ったなあー」と職方とスタッフ。そこへタイミング良くnaoiさん、akeさん登場!バーベキューで「おつかれさん会」です。
いただきまーす!!

2011-11-12 11.59.36.jpg


2011-11-12 16.07.08.jpg


たっぷりいただき、ワイワイみんなでやっていると「そろそろ埋めないと固まっちまうぞーー」と左官屋さんから召集の声がかかります。

何をやるかといいますと、土間のコンクリにビー玉埋めでアクセントをつけるお飾りを入れるのです♪
埋め込むタイミングは柔らかくてもダメ、固まってからでもダメ、ビミョーに水分の引けた時です。

今回は手作りビー玉(マーブル状の模様入り)と透明のバブル入りビー玉、そして色とりどりの琉球ガラスの欠片が登場。

2011-11-01 20.48.43.jpg


事前にだいたいの埋め込み位置をsakiさんと相談してあったのですが、naoiさんからは「埋めるのはすごく難しいぞ。埋めた後のビー玉周辺を馴らすのは至難の業だからなー」と脅されていたので、家の顔玄関に埋め込む前にベランダの柱を支えるコンクリート部分に試しで埋め込んでみることにしました。

sakiさん、souさん、私と長男がムニュムニュ押し込むも「難し!!!」の連発。
だって、ビー玉の周りがブニュってなって隙間できたり、ガラスを埋め込むのにトンカチでゆるく叩いたら割れるし!

なんだかものすごく素人クラフト感あふれるてる・・・どひゃー! 

2011-11-12 13.18.32.jpg


その後をsouさんが必死に小さいコテでコテコテ直してくれているのですが、これまた難儀。
玄関ポーチも早くやんないと固まっちゃうので、sakiさんと私、長男でポーチへ移動。

2011-11-12 13.34.22.jpg


2011-11-12 13.34.17.jpg


kanato.jpg


「ちゃんと埋めとけ〜」と左官屋さん。
素材を2/3は埋めておかないと後から取れてきちゃうし、押し込むほど「ブニュ」っとなるし。

そして最後はプロにお任せ。
みんなで「よろしくお願いします」と仕上げをお願いしました。

こんなこというの失礼かもしれませんが、やっぱりプロはプロ!
私達がやればやるほどグニュグニュになるのを、きれいにサラリサラリと仕上げてくれます。
ありがとうございました!!

2011-11-12 13.37.41.jpg


2011-11-12 14.15.53.jpg


2011-11-12 15.14.36.jpg


そして、悪戦苦闘してくれたsouさんが修復をしてくれていたベランダ柱のコンクリですが、naoiさんが最後に登場、「まだガラスある?」というので箱なり渡すと、souさんが修復した上から跡形なくドバドバ石を押し込み、その上からコンクリをこれまたドバドバ!
sakiさん、souさん、私、三人驚愕。
何が始まる!? でも、naoiさんのことだから、きっと何か考えあってしてくださってるんだよね!?と静かに様子を見守っておりますと・・・

洗い出し!
鳶さんと左官屋さんがブラシとスポンジで仕上げてくださいました。

2011-11-12 15.12.46.jpg


すごーい、きれい!
もう少し固まって、表面を拭き取るときっとキラキラ素敵です。
わーい、naoiさんありがとうございました!

こうして土間を打つだけでもまたまたたくさんの方の知恵と技と腕が終結し、とてもよいものが楽しくできました。
皆さんありがとうございました!!

そして、バタバタと土間打ち作業中できちんとご案内ができたでしょうか、見学に来てくださった方、本当にありがとうございます。完成した暁にまたご来場くださいますよう。


家の中もどんどん出来上がってきています。
近づく夜に窓が青く、木の色と素晴らしい夕方コントラストです。

2011-11-12 16.42.18.jpg


あと2ヶ月ほどで家が出来上がります。
おかしな話ですけど・・出来上がってしまうと寂しいな。
こうしてみんなでワイワイやっているのが本当に楽しくて、いつまでも工事中だったらいいのになんて思ってしまいました。

どうしよう。
新築なのに、まだ出来上がってないのにすでに思い出いっぱいだよ。


**おまけのショット**

ipadオセロ対決、naoiさん VS saka棟梁
負けた方が「買出し!」
どうしてもnaoiさんを「パシリ」にさせてみたかったsaka棟梁、残念でした!

おせろ.jpg




葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/









































posted by 葉山の家 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり