2013年10月15日

台風26号に備える(建具の目張り)

大雨に続き、風が強くなってまりました。
みなさま、無事に帰宅できましたでしょうか。

先ほど我が家のダンナが帰宅、「最終の備え」を完了させました。
それは玄関建具を目張りすることです。

2013-10-15 19.52.07.jpg


木製の手作り建具は風合いがあり、素敵です。
そして建具には上下に数ミリ、隙間ができます。
この隙間は日ごろ、自然に家の中の空気を循環させてくれます。
日本家屋のよいところですね。

が、台風のように風速20m/秒以上の風と雨を真正面から受ける場合、少々工夫が必要です。

特に下の隙間からは玄関が1/3濡れてしまうほど雨が吹き込みます。
そして上下の隙間から風が吹き込むと、リビング入口の建具隙間をすり抜け、リビングのカーテンがバサバサ風にあおられるほどです。当然建具がガタガタものすごい音をたてますし、その振動が家に響きます。
「台風こわいよ感」が倍増しちゃいます(笑)


2013-10-15 19.53.43.jpg


目張りの方法として、当初は単純に養生テープで隙間を塞いでいました。
しかし、これは大失敗。
テープの粘着が建具表面まで剥してしまい、美しいヒノキの柾目がケバケバ!
これには悲鳴を上げました(笑)
(後日、saka棟梁がカンナをかけてきれいにしてくれましたが・・しかも炎天下で・・もうしません、ごめんなさい)

で、何か良い方法はないかと考えた末に採用したのは・・・
ダンボールを突っ込む!!

じゃじゃん♪

2013-10-15 19.51.23.jpg


はい。
ダンボールを建具幅に切りまして(足りない場合は継ぎ足しで大丈夫)、縁をガムテなどで防水処理して突っ込むだけです。

2013-10-15 19.49.31.jpg 2013-10-15 19.50.56.jpg


実際、ダンボールの厚みほど隙間があいているわけではありません。
突っ込む方を潰して、無理やりねじ込むような感じです。
今までのところ、雨の吹き込みはこれで確実に防ぐことができています。

2013-10-15 19.50.34.jpg 2013-10-15 19.50.08.jpg


隙間風もほぼ防げます。
しかし、やっぱりほんのちょっと吹き込んでしまい、リビングの建具がガタガタ煩いのです。
なので、同じようにリビング建具にもダンボールを突っ込みます。
するとピタっと静かになります。

2013-10-15 19.41.23.jpg 2013-10-15 19.53.03.jpg


現在は北側から雨と風が吹き付けており、玄関側とは真逆です。
しかし、台風が最接近する明朝はやはり海側からの西風になるようで、玄関は風と雨に直撃されることになるようです。10年に一度の強い台風とのこと、なんとか役に立ってくれるといいです。

以上、kayo式目張りのご紹介でした。

これから明日の午前中まで、関東は暴風雨です。
どうか無事に台風が過ぎ去ってくれますように。
みなさまもどうぞお気を付け下さいね。



今年の冬の暖房は是非ペレットストーブを!! kayoの家設計施工/ペレットストーブ販売・設置工事 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/



posted by 葉山の家 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球といきもの
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78288887
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック