2013年09月12日

アンドンクラゲ!(電気クラゲ)

昨日初めて超間近でアンドンクラゲを見ました。
SUPの最中、一色海岸に上陸して休憩している時です。

カツオノエボシと共に「電気クラゲ」と別名で呼ばれている毒のある嫌われ者です・・
刺されるとビリビリっとくるので「電気クラゲ」と呼ばれるようです。

2013-09-11 15.43.33.jpg


意外にチビです。
「うようよいるね〜」とリーダーは言うのだけど・・私にはぜんぜん見えない。
昨日は波がなく、おまけに透明度が高い海だったのにもかかわらず。
アンドン君は透明すぎて見つかりにくい。

「見えない〜」と言うと、
「ほら、水面近くの動きをよく見るとポコポコしてるだろ」とのこと。

わ!確かに!めっちゃいる!

波打ち際にこんなに溜まっているなんてー
どうやらプランクトンが豊富な岩場の影に溜まっているようだとのこと。
これ、見えなくてうっかり面白がって足ジャブジャブしたらえらいことやん!!

というか、こんな透明なヤツ、真夏の濁った海で波ザブザブしてたら絶対気づかない。
刺されてから気が付く、ってことになるね。

だからと言って海遊びをやめないんだから、刺されることは想定しておかないとです。
海況は毎日変わるので、毎日同じ場所にアンドン君が溜まっているわけでなく、波に流されていくこともあって、ザブザブ海で遊んでいても平気な日もあるんだよね。

今年は長男がオーシャンスイムトレーニングの時に、アンドンクラゲに随分やられました。
今でも顔や腕にやられた跡が残っています。
痛痒いそうで、いやな感触なようです。

以降、長男は長そで&長スパッツのラッシュを着用しています。
素肌でやられるよりはまだラッシュの上からの方がマシのようです。
ウエットスーツくらい分厚いと大丈夫との情報がありますが、海水浴でスーツ着るのもね・・
どっちにしろ手足顔は出てるんだけど。

アンドンくんにやられた時、海水浴場の監視塔で簡単に救護してくれたようです。
確か重曹水で洗ったとか何とか、ダンナが申しておりました。
けど、その後も痒いんだけどね。

気をつけましょう、と言われても透明すぎて難しいけど・・みんな気を付けてね〜

あ、それから浜に打ちあがって死んでるクラゲにも毒は残っているとのことなので、触らないでね〜



今年の冬の暖房は是非ペレットストーブを!! kayoの家設計施工/ペレットストーブ販売・設置工事 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/








posted by 葉山の家 at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ海人
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74669496
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック