2013年02月14日

無垢材の経年変化

無垢材シリーズ第三弾、本日は経年変化について。
ちょうど竣工してから一年、さてどのくらい変わったか見てましょうか。

屋外の変化をご紹介です。
屋外は雨、風、紫外線、いろいろな影響を受けますので、変化が激しいです。
地域によっては雪の影響もあるのでしょうし、葉山の場合は潮風でしょうか。



◆ ひのき 無塗装のベランダ ◆



左は竣工前、右は現在2月の様子です。
床部分はグレーに変化していますね。
一方手すり部分は少しまだ元のひのき色です。

雨、日光その他の影響で部位により変化の仕方が違います。
同じように変化していくわけではありません。

2011-12-172013-thumbnail2.30.39.jpg 2013-02-08 15.21.13.jpg



ベランダの柱もグレーに変化してきましたね。
いい感じ。

左側は去年の三月、右側は2月現在。

2012-03-13 10.02.26.jpg 2013-02-14 10.11.43.jpg 


もうちょっとズームしてみましょう。
味が出てきましたね〜

2012-02-14 14.33.00.jpg 2013-02-14 11.36.34.jpg




◆お勝手口のステップ ひのき無塗装◆



こちらもベランダと同じ材で作りました。

まさにsaka大工が作ってくれている最中、竣工前の様子。
懐かしい〜
真っ白なぴかっと輝きのあるひのきです。

2011-12-17 14.40.59.jpg 2011-12-17 15.08.06.jpg


2月現在


2013-02-14 09.53.07.jpg




◆玄関軒 ひのき・杉 無塗装◆



数回の台風、日常的に吹く潮風を含んだ突風、吹き上がる雨などで刻々と変化してきていますね。


                   左:竣工後半年の去年7月              右:2月現在

;.jpg 2013-02-14 09.53.37.jpg



いかがでしたでしょうか。
一年でずいぶん変化するものでしょ?

もし木の家を、とお考えでしたら、こういう変化をぜひお楽しみくださいね。

早くお寺みたいに貫録が出てこないかしら、と思うのですが、こればっかりは最初から手に入るものではないですね。
年の功、とでもいうのでしょうか。
これからが楽しみだなあ。

そして美しさ。
年相応の美しさってありますね。
作ったばかりのきれいな美しさ、年の刻まれた美しさ。
歴史あるお寺を「汚いな」とは思いませんものね。
人間みたい!

無垢材ツアーにお付き合いをありがとうございました〜


葉山kayoの家 設計施工/ペレットストーブ販売・設置工事 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/


posted by 葉山の家 at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の家づくり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62384314
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック