2012年11月30日

ペレットストーブの仕組みと特徴

明日から師走です。
冷え込む日が多くなってきましたね。
ペレットストーブを使う日が増えてきそうな予感です。

我が家で働いてくれているペレットストーブ、さいかい産業さんのSS-1。
これ1台で家じゅうの暖房を賄ってます。
我が家は延床30坪ちょっとだっけ?吹き抜け付きなので二階もロフトもあったかいですよ。
えらくパワーありそうでしょう?
今日はその仕組みと特徴をご紹介します。


さいかい産業SSシリーズメーカーHP↓
http://www.saikai-sangyo.com/items_ss.htm

2012-11-04 17.17.04.jpg


★★ 燃料 ★★

ペレット状の木質燃料を使います。
ペレットというのは「小さい銃弾」とか「粉末状のものを固めた小粒」という意味があります。
その意味の通り、製材の時に出たおがこを圧縮して固めて作っているので「ペレット」と呼んでいます。
ペレットストーブを詳しく述べると「ペレット状の木質燃料を使ったストーブ」ですね。
ぱっと見、「鹿のえさ」とか「鯉のえさ」みたいな感じです。

2012-11-30 10.45.02.jpg


我が家では栗駒木材さんのホワイトペレットを使っています。
何がホワイトかというと、樹皮を除いた木質部をペレットにしたものです。
樹皮を含まないので白っぽい色です。
例えて言うと白ワイン、みたいな感じかなあ。
皮を除いた実だけが原料というところ。

その他、樹皮を主体としたものを「樹皮ペレット」「バークペレット」と言い、樹皮も木質部も混ざったペレットを「全木ペレット」「混合ペレット」と言います。

樹皮を含まないホワイトペレットは燃焼効率がよく、灰が出にくいという特徴があります。

それともう一つ大事なことは、栗駒木材さんでは木材に決して防腐剤を使いません。
だから、栗駒木材さんのペレットは安心して使えますよ。

栗駒木材のペレットはエコロジーライフ花で購入できます↓
http://www.ecohana.com/


ペレットはこんな状態で届きます。
米!?

2012-11-30 09.20.47.jpg


いやいや、米袋にペレットが詰められて届きます。
前に届いたばかりのペレットを玄関前に何袋も積み上げてあったら、それを見た人に「え?こんなにお米食べるの?」と言われてしまいました(笑)
食べられません、燃料です。


★★ 暖かさの秘密 ★★

ストーブの恰好と木質燃料を見ていると忘れがちですが、SSシリーズは電気を使っています。
これ、みんな意外に驚きます。

ストーブ背面の配管と電気コード↓
2012-11-30 10.45.33.jpg


SSシリーズはファンを回して温風を出しています。
ファンを回すために電気を使います(70W)。

そしてストーブの中は蓄熱レンガがはめ込んであり、輻射熱を作り出しています。
前面の扉は鋳物のため、薪ストーブのように輻射熱で熱くなり、直接空気を温めます。

薪ストーブとファンヒーターのいいとこ取りのようなストーブですね。
温風と輻射熱の強烈なパワーで家全体をあたためることができます。

ストーブの前面だけ輻射熱で熱くなります。
ストーブ側面、背面、上部はまったく熱くならず、ストーブ付近の壁、床に耐熱工事をする必要はありません。
小さいお子さんのいるお宅では、我が家のように前面にステンレスガードをつけておけば安心です。


そして煙管熱交換をしています。
外の空気を吸気し、ストーブ内で炎により温められ、作られた熱が温風になって室内に吹き出します。
熱を奪われた空気はまた外へ出ていく・・というシステムになっています。
お部屋の空気を汚すことなく、作った熱を効率よく室内に入れることができるのです。

外壁へ出ている給排気管はこんな感じ。

2012-11-30 12.12.54.jpg



壁からニュっと象さんの鼻みたいに飛び出しています。
無駄な熱が外へ出ていないので、排気管を触ってもまったく熱くなく、排気自体はドライヤーの熱より弱いくらいです。
子供がうっかり配管の下へ入ってしまっても火傷の心配はありませんが、いちおう我が家では植木でやんわり通り道と吸排気管スペースを区切っています。

ペレットストーブの特徴、わかっていただけたでしょうか?

★★ ペレットのよいところ、まとめ ★★

・ 燃焼効率がすごすぎる
・ 着火後、立ち上がりが早い
・ 排気が煙くさくない、灰が外へ出ない(うっすら燻した香りはしますよ、ツンとした煙臭さはありません)
・ 世話が簡単
・ 熱くなるのはストーブ前面のみ、壁と床に断熱工事の必要なし。
・ ビルやマンションでも設置できます。
・ 室内の空気を汚さない
・ 炎が楽しめる!!



★★ そのかわり ★★

・ 設置の際は壁に穴をあけます。
・ 点火は手動。
・ ファンを回しているので、「ごー」っと音がする。
  (正直、冬季はテレビのボリュームを少し上げてます)
・ お料理はできません、でも洗濯物がよく乾きます。
・ 季節が終われば、吸排気管の掃除が必要。
  けれど、付属の掃除道具で自分で簡単にできます。


以上、ペレットストーブの仕組み簡単ご案内でした!!

ペレットストーブ点火作業はこちら↓
http://ecohana-hayama.sblo.jp/article/53506273.html?1354247584


気になるペレット燃料費は!? ↓
http://ecohana-hayama.sblo.jp/article/54332448.html?1354247708


設置工事はエコロジーライフ花で承ります、ご一報ください↓
http://www.ecohana.com/




葉山kayoの家 設計施工 (有)エコロジーライフ花 http://ecohana.com/












posted by 葉山の家 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ペレットストーブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60415669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック