2015年10月27日

完璧なサンルーム!?

朝晩冷え込む今日この頃、我が家のベランダに「サンルーム」が登場しました。

11219231_10207849627068198_1959159464761724524_n.jpg

正体は着替えテントです。

我が家は午前中、直射日光が入りません(午後は真冬でも暖房がいらないほどポカポカになるんですが)。

吹き抜けの窓があるおかげで、間接的に日光が入り、家の中は冬でもとても明るいんですけどね。

木の家ですので、室温自体は高いのですが、暑がりなくせに、手足末端冷え性な私は、一旦手足が冷えてしまうと、どれだけ上から靴下や手袋で覆って温めても、ダメなのです。

反対に少々室温が低くても、手足さえポカポカしていれば薄着でも平気。

手足の末端だけのために、こんな季節から暖房器具なんてもったいないし(昼間家にいるのは私だけですし)、冷えた手足をポカポカに戻すのには、暖房器具ですら、ちょっと時間がかかります。

一番手っ取り早いのは、太陽の光!

すぐ手足をポカポカに戻せます。

午前中、お日様がガンガンあたるのは、ベランダのみ。

どうにかできないかな・・・

というわけで、数年悩んだ後、今年登場した着替えテントのサンルーム。

このサンルーム、

 ★ 日が入らない家の中より暖かく

 ★ 暖房器具を使うより省エネで

 ★ 完全青空より風を避けることができ(葉山では冬も風がきついので)

 ★ サンルームほど眩しくなく(あんまり眩しいとパソコンの画面が見えない)、且つ、ずっとプライベート感があり

 ★ しかもちょっとだけ空が見えて

 ★ 鳥のさえずりや虫の音が聞ける

という、ほぼ完璧な条件が揃います。

ミニテーブルとイスがあれば、ポカポカのミニオフィスが作れます。

中はこんな感じです。

11951381_10207850215362905_6236519446038730154_n.jpg

底のシートの上に、毛布など敷くと、さらにポカポカ。

奥行き、幅とも120センチなので、いい塩梅におさまります。

男性だと奥行きがちょっと窮屈かもしれませんけど。

着替え用のテントですので、高さ190センチもあり、出入りにストレスがないのもいいです。

上部には空気口?のようなメッシュがあり、そこからチラリと空が見えます!

11221474_10207850217762965_6423597661595386683_n.jpg

ベランダにポツンとテントが出ているのは変な感じがしますか?

実は葉山では、あちこちのお宅でキャンプ用のテントを庭に張っていたりします。

家でテントを日常に使っているのは見慣れた風景なんですよ(笑)

よかったら、お試しを。

ご購入の際はテントのサイズ、仕様(メーカーによって色々違いますから)、設置場所の確認をお忘れなく!









posted by 葉山の家 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 暖の取り方

2015年10月21日

葉山の秋の夕日、7連発

葉山に来てよかったと思うことのひとつは、「海」がすぐそばにあることです。

海は季節によって違った表情をしていますが、一日の中でも違います。

特に夕方は刻一刻と表情が移り変わっていくのを全身で感じることができ、まさに至福の時です。

遠くから葉山に夕陽を見にやってくる人たちの気持ちがよく分かります。


IMG_5777.PNG.jpg

IMG_5730.PNG.jpg

IMG_5778.PNG

IMG_5734.PNG

IMG_5743.PNG.jpg

IMG_5774.PNG

IMG_5776.PNG

posted by 葉山の家 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 目指せ海人